法人クレジットカード比較サイト【法人カード入門ガイド】 TOP

このサイトについて

法人カードとは企業が経費を簡略化・経費事務を透明化するために導入した法人用のクレジットカードのことです。
個人のクレジットカードと違うところは、リボ払いなどローンの仕組みが組み込まれていないことです。
それぞれのカードにそれぞれ特徴があり、ガソリン系のカードなら運送業の企業なら特に助かる付帯サービスがついてきますし、旅行に強いカードでしたら旅行に必要なサービスがありがたいほどたくさんついてきます。年会費が多少高いところもありますが、無料のところもあります。
まずは自分や自分の会社がどのような用途で使うかを考え、それからそれぞれのカードの特徴を比較検討して申し込みましょう。

法人カードとはコーポレートカードとも呼ばれています。殆どが大企業向けに開発されたカードですが、基本的には法人を対象とした会社の経費決済用のカードのことを指します。 よく言われる利用極度額というものは、法人カードの場合、会社や部署単位で決まっており、それが契約形態に現れています。 会社側が法人クレジットの発行枚数を決めることが出来ますし、明細を見れば当然のこと、社員一人一人がどのような使用状況なのかを把握することが可能です。

カード会社は多種多様ありますから、どこのカード会社で法人カードを作ろうか迷ってしまうこともありますよね。 そこで法人カードを選ぶコツを紹介しようと思います。 個人のクレジットカードと同じく、まず年会費というのは重要な判断材料となります。安さのみにとらわれるのではなく、年会費、プラス付帯サービスの内容を比較検討して判断する必要がありますね。 また、ステイタスか、作りやすさかというのも判断材料の一つです。 企業が運営する中で、ある程度「ハッタリ」みたいなものが必要な場合があるのは、経営者であれば誰しも納得できるのではないでしょうか。 そのような意味では、有名なクレジットカード会社のゴールドカードが好まれるのは分かりやすい話です。

JCBゴールド法人カードはビジネスカードとしての利便性はもちろんのこと、多彩なサービスを受けることが出来ることが最大の特徴です。 利用金額に応じてJCB独自のポイントプログラム「OkiDokiポイント」というものも付与され、お得感も一層アップしています。 JCBの充実したサービスを受けたい人、特に国内外に出張が多いビジネスマンにオススメのビジネスカードになっています。 JCBゴールド法人カードは出張時利用すると特にお得なサービスを受けることが可能です。 注目すべきは国内出張を24時間サポートしてくれるJCB.ANA@deskというサービスです。

三井ビジネスパスJCBカードは全国に広がりを見せる三井石油サービスステーションでの支払いを全てキャッシュレスで清算を済ませることの出来る利便性に富んだカードとなっています。 カード利用代金は全て一本化され、契約者に請求されます。 明細を見ただけでいつどこで、誰がどんなサービスを受けたかが明白で、経費管理を簡潔に行うことが可能になっています。 さらに高速道路で利用出来る「ETCスルーカードN」に入会すれば、ETCの利用代金も三井ビジネスパスJCBカードに一本化されるため、猥雑な清算になることはありません。

コスモコーポレートJCBカードはコスモ石油のサービスステーションでガソリン、軽油などの燃料はもちろんのこと、エンジンオイル、車のメンテンナンス用品、点検まで通常のサービスステーションで取り扱っているほぼ全ての商品をキャッシュレスで購入することが可能なカードになります。 コスモコーポレートJCBカードを社員に1枚持たせておけば、公用車にかかる費用の全ての支払いを一本化することが出来、非常に経費管理が簡単になります。 さらにこすも石油サービスステーションでの「コスモコーポレートハウスカード」を同時発行すれば、用途に応じて使い分けをすることが出来、非常に便利です。

ダイナースクラブ ビジネスアカウントカードはビジネスアカウントカードの手数料が2年間も無料になるという特典がついています。 2年後から手数料は2100円になります。 基本的に、ダイナースクラブ ビジネスアカウントカードは個人カードの延長線上にあり、社員ごとのカード発行は出来ません。引き落とし口座を分けることは出来ますから、経費の簡略化に役立つことは間違いありません。 また個人カードの延長という点で魅力的な点は多数あり、その充実したサポート内容が大きな特徴です。


最新情報


おすすめ法人クレジットカード入門編